新宿を中心に訪問鍼灸を行っております。女性の施術なので安心。

訪問鍼灸はり・きゅう Recreation


どんな人が保険の対象か


所定の手続きをすると健康保険で鍼灸を受けることができます。
鍼灸の保険取扱いは全て、医師の同意書が必要になります。
ひどい肩こり、ぎっくり腰など身近な症状でも保険にて鍼灸をご利用になれます。

訪問鍼灸(保険による往療)は病気や怪我により家庭にて看護・介護を受けている方、ひとりで出かけるのが危険、車椅子をご使用の方、杖を突いている方、筋肉が弱っていたり、関節が固まっていたり、痛みや痺れ、麻痺などで自力での歩行が難しく病院や治療院へ通院するのが大変な方となります。
認知症。外出することが難しい。少しなら歩ける。寝たきりの方も対象にとなります。

『目安として要介護1~5の方で上記に当てはまる方は
一度、ご相談ください!(介護保険は一切使いません)』



                          対象利用者様の例
  •  杖をついて歩くことが多い方。
  •  車椅子の方。
  •  歩き始めなど、歩行の介助が必要な方。
  •  寝たきりの方。
  •  体の痛みやシビレが強く、歩くことが大変な方。
  •  体の麻痺が強く、歩くことが大変な方。 障害を抱え、
  •  歩くこが 大変な方。
  •  認知症により一人で歩くのに危険な方。

適応症状・疾患例

(1)神経痛      
坐骨神経痛(おしりからももの裏側にかけてしびれる)  
                               
三叉神経痛(顔面の一部にしびれを感じる) 

肋間神経痛(肋骨に沿った胸が痛む)等


(2)リウマチ          
   指先に力がはいらない。 水道の蛇口やジャムのフタを開けるときに指先が痛い等


(3)頚腕症候群
   ひどい肩こりで頭痛や吐き気がするときもある。

指先がしびれて鉛筆などを上手くもてないときがある。等


(4)五十肩       
 バンザイをしようとしても痛くてできない。洗濯を干したり、
 布団の上げ下ろしなどが大変。

 シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしづらい。等

(5)腰痛症         
      ゴルフでぎっくり腰をしていらい腰の調子がおかしい。

立っちぱなし(座りっぱなし)の仕事をしているので慢性的に腰に違和感がある。 等

(6)頚椎捻挫後遺症(ムチウチ)

交通事故で後ろから車に衝突されて首に大きな衝撃が加わって以来、
首、肩、腕にかけて調子が悪い。   

30年前に交通事故にあって今まで首が痛いなんてことはなかったけど
今になって首が痛くなった。等


dangerご注意
はり・きゅうの場合は同じ病名で医師の治療を受けている場合は保険取り扱いが認められません。
(例えば、現在整形外科に通院していて腰の電気治療やけん引治療を受けている方は
腰痛治療に対して鍼灸での保険治療は認められません。
もし、腰痛に対してどうしてもはり・きゅうを行いたい場合は
整形外科への通院を中止していただく場合がございます。)

上記疾患等で、鍼灸をご利用になりたい方はご連絡下さい。  
上記疾患に当てはまるかわからない方は一度当院にご相談下さい。

訪問鍼灸はり・きゅう Recreationのご案内

住      所:
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-23-9
アクセス:
南北線、JR線四ツ谷駅徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-5315-4830
受付時間:
■火水木金 10:00~20:00
■土    10:00~17:00
休業日:
日曜・月曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ